12V電源版超高精度10MHz基準信号発振器の頒布

       超高精度10MHz基準信号発振器の頒布 DC12V電源版        最終:2021.9.1

[2021.3.29] 12V電源の物を15個作りました。頒布開始します。
[2021.9.1] 12V電源の物を20個作りました。頒布再開します。
 必ず親Pageを見て内容を確認の上で頒布依頼をして下さい。

1.頒布について 在庫残16個 
  DC12V電源版の頒布は完成品だけです。出力はSMAまたはBNCのMaleで、周波数校正をしてのお渡しです。
   (2月10日に完成版を始めたらここまで完成品の頒布依頼ばかりなので)
  使ったOCXOは、ISOTEMPの131-191または131-261です。
   [注]OCXOは、eBay等で入手した中古です。新品だったらこんな頒布費用にはなりません。
  [2021.9.1]頒布再開の物は、次の仕様に変更しました
         10MHz出力端子は5個で、ICOM用約50Ω/-10dBm出力3個、Kenwood用出力端子1個、
        CMOSgate直接出力1個にしました。
        供給電源は、12V/13.8Vを基板上のショートピンで選択にしました。
          ショートピンOpenで13.8V、ショートで12Vの指定です。
  頒布費用は送料込みで、SMA-male/BNC-male出力ともに¥9.5kにします。

  希望の方はEmailで、連絡ください。ホームページからの連絡・申込 ←クリックして!! 
  メーラーが開かない場合は、ja4bua@ict-kuwa.net あて、@を半角に変更して。
   件名:12V電源10MHz基準信号発振器の頒布
  本文:郵便番号、住所、氏名、コールサイン、電話番号、
     標準添付ケーブルの同軸プラグがSMA/BNCの別、
     接続先機器名、
     下記Optionが必要の有/無必要数

  Optionは、次のSMAメスからBNC雄に変換するアダプター、BNCおよびSMA-maleケーブルです。
   複数のトランシーバーに接続する人が結構いるので、Optionとして出力の接続ケーブルを提供します。
   各¥500です。必要数を頒布依頼のOptionに書いて下さい。同軸ケーブルは、RG174で約1mです。

  上:SMA/BNC変換プラグ 左:BNCプラグ 右:SMAプラグ  同軸はRG174です。

  タカチのYM-100に入れたケース入り完成品 です。


  使ったOCXOは、ISOTEMPの131-191です。
  このOCXOの電源電圧の範囲は、スペックを見ると11.4~12.6Vです。13.8Vでの使用は無理ですね。
  13.8vで使う場合は、Dropperを電源の+側に直列に入れてください。お勧めは、1N4007を3個直列です。
  2021.9.1頒布再開以後は、基板上にDropper-Diodeを追加してショートピンで切換えにしました。
  ショートピンを短絡で12V、Openで13.8v用です。。

  データーシートはこちら  ⇦⇦⇦クリック
  円盤セラミックコンデンサのように見える物は、Poly Swith(自己復帰型Fuse)です。


2021.9.1頒布再開分のガーバーファイルです(Out5は、出力/Gndが逆の物が半数あり要注意)



[注意]この基板がいくら安定していてもトランシーバー内が急激な温度変化をした場合にPLLが追従できないことがあるようです。
    IC-9700でこの基板を使っている友人の話では、トランシーバー裏にFanを増設して低速で常時回転にすると解決するそうです。