ICOM CT-17の改良品ICT-18を作成しました

         ICOM CT-17の改良品ICT-18を作成しました
                                          最終:2020.07.24
 悪友(親友??)の強い依頼でICOM CT-17の改良品のICT-18を作成しました
  なぜか、CT-18はまずいとの意見があるので、ICT-18(IComTool-18)にしました。
 [2020.05.26]制作依頼した友人が「多くの人が必要だ」との事なので一般頒布します
 [2020.05.31]年内に10個程度の頒布依頼を想定。しかし、頒布依頼が殺到!!数日間で35個を送りSoldout
 [2020.06.07]残っていた生基板で、20個の追加作成し発送、在庫なし追加制作用の基板を発注しました。
         市販品に同様のものはありませんが自作も困難な物ではないので、この数の頒布依頼はびっくりです。
 [2020.06.24]追加作成50個 [2020.07.03]追加作成50個。[2020.07.15] 追加作成65個
  [2020.07.24] 追加作成40個 [2020.10.06] 追加作成20個
  [2020.11.05] 追加作成24個 これで、半年は作らなくても持つ?? 年内は少なくとも足りるでしょう

 [注意]ICOMのトランシーバーで、3.5mmΦコネクタのCI-VはボーレートDefaultではAutoになっています。
      必ず固定(例:9600BPS8N1)にして周辺も同じにください。

1.作成意図
 ICOMのCT-17は、回路設計に問題があり改造しないと使い物にならない。l
 最近のPCはDSUB9のRS-232C端子を持っていない、等のため、これ等の問題点をすべて解消した
 PCのUSBとICOMのRig(3.5mmΦのCI-V)を接続するInterface基板を作成した。
  名前は、CT-17の改良品でICT-18にしました(^_^)
 [2020.05.26]制作依頼した友人が「多くの人が必要だ」との事なので一般頒布します。
2.回路設計
 (1) PCとの接続
   USBでPCと接続。USB5V電源の消費電流は約20mAです。
 (2) CI-V端子
   ICOMのCT-17と同様に4個の3.5mmJackCI-Vで通信時にLEDが点滅する。
   4個で足りない場合は自分で追加してください。
 (3) TXDの処理
   1回路のBus-BufferのICを使い、送信時以外はHigh-Impedanceにした。
   
3.作った物
 (例です。頒布する物の箱はこれ、3.5mmΦコネクタは部品の在庫状況により変わります

 

  CI-Vで通信すると緑色のLEDが点滅します。

3.回路図  (使う部品は、相当品に代える場合があります)
   CI-V通信表示のLEDは、後から追加したので含まれていない。


4.基板はこんなのです(Size:25mm×30mm)

 USB端子(G,D+,D-,+5V)にUSBケーブルを接続
 CI-Vの端子はケーブルで線を出してコネクタを付けるように4個にした

5.接続系統図(例)
 

 

   PCにできる新たなシリアルポートに、必要によりこれにPCアプリを接続して使う。


5.頒布について 在庫残は23個です  これを全てお送りすると総頒布数315個、びっくり!!
  プラ箱に穴あけ加工だけなのでこれは例外的に完成品の頒布にします。
  注意)3.5mmJackは部品の在庫状況により変わります
  頒布額は、クリックポストの送料込みで¥3,500にします。
   必要な方は、次をEmailに貼り付けて必要事項を記入して、お送りください。速やかに返信します。
    ① Subject
       ICT-18の頒布申込
    ② 本文
       ICT-18の頒布申込をします。
       お名前:   郵便番号:   住所:   コールサイン:   電話番号:   必要数:
       接続するトランシーバー名:
    ③ Emailでの連絡、申し込みは次のリンクから
      ームページからの連絡・申込 ←クリックして!!  
      クリックしてもメーラーが起動しない場合はアットマークを変更して次のアドレスに送ってください。
       ja4buaアットマークict-kuwa.net

  頒布依頼が殺到した時期に友人に大変だ――と話したら、全員の返事が
   「クワさん、送料込みで\3.5Kは安過ぎるよ、安くても\5Kだよ」でした。
  よって、次のロットを作る場合は、送料込みで\5Kにするつもりです