Let’s Note CF-J10にWindows10をアプリ引継ぎアップグレード

Let’s Note CF-J10にWindows10をアプリ引継ぎアップグレード   2017.1

この記事はVersion1607の場合で、Version1703のDVDでUpgradeすれば、全く問題なしでした。

CF-J10 Win7をWin10にupgradeする場合に次の手順が必要です。
1.Intel(R) Dynamic Power Performance Management
 これをアンインストールしないと先に進めない。
 コンパネからアンインストールしても先に進めません。
 まず、プログラムの追加削除で、Intel(R) Dynamic Power Performance Managementを削除する。

2.次をInstall、実行
  パナソニックパソコンサポートで、
 http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/003376
【02】Intel(R) Dynamic Platform & Thermal Framework ドライバー
 etm_6071084.exe / 5,660,744 bytes
 をダウンロードして、インストールする。
 「コンピューターを後で再起動」を選択し、「完了」
 C:\util2\drivers\etm3フォルダ内の LPOSetting.jsを実行し、Windows を再起動
 C:\util2\drivers\etm3\Bin\CoInstallers\DptfInvalidPolicyRemover.exeを実行

3.Windows10をファイルとアプリの引継ぎでインストールを継続できる。

4.Windows10で起動すると音が出ない、ホイールパッドユーティリティが動かない
 C:\util2\drivers\etm3\Setup.exe を実行して再起動する。
 Windows10へのupgrade完了。Windows-updateで最新状態にする。
 デバイスマネージャーを開いて問題がないことを確認する。
 Disk cleanupで、無用の物を全て削除する。