サウンド・アイソレーション基板の制作

                       最終 2016.6.12
サウンド・アイソレーション基板の制作
  [2016.6.12] 要望があるので、再度、作りました。変更点は、トランスメーカーが異なる、VRが
     2Kから手持ちの1KΩの多回転じゃない物、15Ωの終端抵抗は付けていない。基板を30枚作製。
  PCと無線設備(Tranciever等)間の電波やNoiseの回り込み防止と直流的にアイソレーションした方が
  より安定した動作が期待できる。問題が発生した時の対処療法では、安心してリモート運用ができない。
 (1) 制作意図
    PCと無線設備(Tranciever)間の電波やNoiseの回り込みを防止し、安心して運用できる環境づくり。
    サウンドだけを通過させ、両者をアイソレーションする。
 (2) 設計と試作
    必要とする600Ω、1:1のまともなAudio-Transは、部品屋さんには今時、置いていない。
    問い合わせると、需要は有線電話機関連メーカーだけのため、最低1000個ロットで納期が3か月の返事。
    国内では、入手は困難と判断し、サンプルをChinaの商社から入手して基板設計、試作した。
    設計した回路構成は、次の2つの接続を想定した。
         ①TRX前面のHeadphone端子とMic端子からPC-Soundに接続
         ②TRX背面のACC端子からPC-Soundに接続(Digutal通信等)
 (3) 作成した基板と説明
     写真   説明書はこちらのPDF
    aft01
 (4) 頒布について
    友人等の希望者にお譲りした残りが数枚あるので、希望者に頒布します。
    頒布額は、定型外郵便の送料込みで¥2,000です。
    必要な方は、次をEmailに貼り付けて必要事項を記入して、お送りください。速やかに返信します。
    需要予測ができないので、在庫がなくなった時点で終了するか、再度作るかの判断をします。
    ① Subject
       AFトランス基板の頒布申込
    ② 本文
       AFトランス基板(サウンド・アイソレーション基板)の頒布申込をします。
       お名前:   郵便番号:   住所:    コールサイン:    電話番号:   必要数;
    ③ Emailでの連絡、申し込みは次のリンクから
       ホームページからの連絡・申込   ←クリックして!!  
      クリックしてもメーラーが起動しない場合はアットマークを変更して次のアドレスに送ってください。
       ja4buaアットマークict-kuwa.net