周辺Interfaceの基本設計

      私が設定した周辺Interfaceの基本設計       最終:2018.9.10

1.Serial-port
  Com1~9をPhysical-Port用、Com10~13をVSPE用に割り当てる。これは、思考の混乱を避け、
  Physical-Portの増減等でVSPEの設定に影響を与えないため。明確に区分した方が後々混乱しない。

  Com1 Physical-Port  PCのDSUB9(232C)Portで、Logger32のVSCからリバースケーブルで
             SteppIRのSDA-100に接続してSteppIRの監視制御 9600-8N1
  Com2 Physical-Port  USBで、新規開発したSDR-59に接続。ExpertSDR2のCATをCI-Vに変換して入出力
           周辺機器の周波数トラッキング用
           SPEの1.3K-FA、SteppIRのSDA100、
ANT-57を接続 9600-8N1
           ICOMのトランシーバーを接続すれば周波数とModeが追従する
。IC-PW1も当然OK。
  Com3 特殊Port    PC内のOn Bord Intel AMTでReserved
  Com4 Physical-Port  USB接続 RTC-59に接続、Rotatorの方位監視制御
  Com5 Physical-Port  USB接続 Winkeyer USBを接続 CWの送信Interface
  Com6 Physical-Port  USB接続 Winkeyer USBのPort2 (予備)
  Com7 Physical-Port  
  Com8~9 Physical-Port用 空き(予備)

  以下は、VSPEを使った仮想Serial-port間接続です。Baudrateは、全て9600-8N1に統一した
  Com10 ExpertSDR2のVertual-Serial-port(SunSDR2proのCAT)をバインドする
  Com10とCom11をSpllitor接続 Com11にlogger32、WSJT-X等の複数APをCAT接続
  Com11とCom2をRedirect接続 Com2は周辺機器にCAT情報をCI-Vに翻訳して渡す(上記)
   Com12とCom13をPare設定  Com12をExpertSDR2(SunSDR2proのPTT)のPTT制御入力に割り当て
                 Com13にPCアプリのPTTをバインドする
  [VSPE設定上の注意
   (1) VSPEのBaudrateは、Defaultが19200bps 8N1 です。私は混乱を避けるため全てを9600bps 8N1 に統一
     VSPEで作成した仮想Port間の通信は、PC内のプロセス間通信だからBaud-rateが異なっても
    通信できますがRedirectするフィジカルPort(下記ではCOM2)は実際のBaud-rateに
    設定しないと外部機器との通信ができません。
   (2) RTSとDTRの設定
     下記の例で、PTT設定をRTS、DTR両方に☑をしているがRTSだけ☑が好ましい?。
     RTSはPTT、DTRはCWのKeyingに使うのが一般的です。
   (3) ExpertSDR2が起動する以前にVSPEが起動完了している必要がある
     PC起動時にVSPEを自動起動して画面を最小化しましょう。 設定はこちら
  VSPEの設定 COM1はCOM2に変更しています。

  Expert SDR2のCAT設定   View logに☑を入れるとCATの通信状態がMonitorできます


  2.Sound Interface
  VSC(Vertual Sound Cable)は、Sound-Driverとして動作するので、PCにLogon時に自動起動します。
  VSC5~8は、PCにI/Q信号を接続するために設定したがCWskimmerはSDCを使うことにしたので未使用です。
   SDCは、Expertが開発したTCI-Interface(SunSDR2proには実装済み)で接続します。

  SunSDR2proの前面6.3mmジャックの受信音の(L/R)をVoIPアプリに接続
    〃     MIC入力ジャック SSB送信音をMonoでVoIPアプリに接続
    PCにUSB-SOUND moduleを接続して、これに接続した
    これは、リモート運用でVoIPアプリを使い、受信音を聞くのと、SSBの送信音を送るためです。
    リモート運用をしない場合は、ヘッドセットをつないで使えば良いですね。
  以下はVSC(Vertual Sound Cable)での仮想接続(PC内で、Procces間接続)
  Line1 SunSDR2proのRX1-Sound出力 MMTTY、WSJT-X等へ受信音を接続
  Line2    〃   RX1-Sound入力 MMTTY、WSJT-X等から変調入力を接続
                   Pileup時のCall用にVoice Keyerの出力を接続

  Line3    〃   RX2-Sound出力 MMTTY、WSJT-X等受信音を接続
  Line4    〃   RX2-Sound入力 MMTTY、WSJT-X等の変調入力を接続
  Line5    〃   RX1-I/Q出力   未使用
  Line6    〃   RX1-受信音用  未使用
  Line7    〃   RX2-I/Q出力   未使用
  Line8    〃   RX2-受信音用  未使用
  Line9    〃   Sound-Interface PC内のOn Bord Soundを接続
  VSCの設定は、次のDigital通信Modeの設定に書いています。私、オリジナルの最適化設定と思います。

3.10MHz基準周波数発振器
  周波数精度を各社のフラグシップ以上にするものです。記事はこちら

4.ExtCtlを使うためのインタフェース
  冷却FANの自動動作、リニアアンプのPTT、アンテナ自動切替に使うためのフォトMOSリレー基板です。 記事はこちら 

5.ExpertSDR2のCATを他社機器に接続するInterface装置
  ExpertSDR2のCATをICOMのCI-V、Yaesuの4Bitバンド情報に変換して入出力する。
  私は、CI-Vの接続でSPEの1.3K-FAとSteppIR(SDA100)に接続して周波数Tracking動作をさせています。 記事はこちら