ExpertSDR2は低スペックのPCでは使えない

   ExpertSDR2は低スペックPCでのFT8は使い物にならない       最終:2018.10.07

 友人から「ExpertSDR2で、FT8ではNoiseが乗って送信しても受信側でDecodeできない」
 調べて欲しいとSunSDR2proとPC2台を送ってきた。ちょうど、他の友人からも設定の依頼を受けていたので
 2台のSunSDR2proと3台のLap-top PC、加えて私のServer-PCの組み合わせで、確認をした。
 OSは、全て最新のWindows10-Version1809にUp-date済みで、Diskは全てSSDです。

0.症状は以下
 Lap-top PCの3台は、程度の差はあってもFT8の送信時にクリック性のバリバリ音のNoiseで変調されていた。
 FT8のアプリは、JTDX、WSJTXどちらでも同様にNoiseが乗っている。2台のSunSDR2proを交換しても同様。
 1台のDELの結構新しいLaptop-PCは、Noiseがひどくて、私のTS-590G+PCの環境で受信すると、全くDecodeできない。
 他の2台のPCでは、信号のS/Nが-数dB程度以下ならDecodeできるが信号が強くなるとDecodeできない場合がある。
 SunSDR2pro2台とも同様なので、明らかにクリック性のバリバリ音のNoise変調が原因。
 私がリモートシャックで使っているスリム・デスクトップのWSでZ220-sffでは、このような症状はない。
 試しに手元のHP-ServerでML110-g6に環境を作ってTestして見ると、全くNoiseがなくて問題ない。

1.原因は
 (1) PCの処理能力
   PCの能力(CPU-Clockのスピード、コア数、スレッド数)が低いものは、PC内のアプリExpertSDR2
   からVACでSunSDR2proに送られる変調信号にNoiseが重畳されて受信側でまともにDecodeできない。
   特に、受信入力が高い(=S/Nが良い)場合ほど、混入したNoiseの影響が大きいことが判った。
 (2) なぜ、このようなことが起こる??? 私の推測です
   PC内では、たくさんのProgramのプロセス・スレッドが起動されていますが、このプロセス・スレッドをOSが割り込み処理と
   時分割で切替・ON/OFFしています。
   この切り替え時にFT8のアプリで作られる変調音(+VAC)が影響を受けてクリック性のNoiseが重畳される。
 (3) スペックの高いPCを使えば問題が発生しない
   4台のPCで比較した結果では、ExpertSDR2とJTDXを起動した状態でCPU使用率が1桁では全く問題ない、
   15~25%程度では、信号が弱い(S/Nが概ね-5dB程度以下)場合はDecodeできるがこれより強いと
   Decodeできない事象が確認できた。
   HP-ServerのML110-g6 CPU使用率が7%程度で全くNoise混入がなく正常
   PanasonicのCF-SX2(i7 RAM16GB)CPU使用率15%程度、少しNoise混入あり。
          受信が強すぎる(S/Nが+5dBとか)とDecodeできない場合がある
   DELの1台 CPU使用率20%程度、Noise混入あり。
          受信が強い(S/Nが+0dB以上など
)とDecodeできない場合がある
   DELの他の最新の1台 CPU使用率30%程度、Noise混入がひどい
          受信S/Nに関係なく全くDecodeできない

2.JT系アプリ以外の他のMode
 時間が取れず、2台とも友人に返却したので未確認です。
 VACで変調しないModeは問題ないでしょう。
たぶん、SSBとRTTYは大丈夫??
 3B7AのDX-Peditionでは、スペックは不明ですがLap-top PCを使っていたのでSSBとRTTYはOK?

3.結論

 いずれにせよ、このコンデションの悪い時期にFT8が使えないのは極めてまずいので
 皆さんには、Desk-topのPCで、CPUはBase-clock3GHz以上、4Core4Thread以上、できれば8Thread
 Memoryは4GB以上できれば8GBを推奨します。Lap-top PCで、High-endの¥30万程度は手が出ない(^o^)
 また、必要ない常駐アプリは、タスクマネージャーのスタートアップで起動しないように無効にしましょう。
 Skypeは、結構なCPU-Powerを食うので注意。Skypeを起動しないのもNoise混入対策の1つ。

4.CPU使用率(参考)
  PanasonicのCF-SX2 これは、受信入力が非常に高い場合以外はDecodeできた。
  CPU使用率の変化が少なく、15秒間隔で使用率が上がっているのがFT8の受信Decode時です

  DELの新しい超薄型Lap-top PC 全く受信側でDecodeできない。CPU使用率が低い時で30%程度。
  プロセス・スレッド切替で度々CPU使用率が大きく変化、これがNoise混入の要因だろうと思います。
  RAMは4GBでも何とか足りています。