logger32 微弱電波Mode(JT-65,9等)の設定

logger32 微弱電波Mode(JT-65,9等)の設定      最終:2018.08.28

logger32で、微弱電波Mode(JT-65,9等)の設定(防備用)です。

1.微弱モードのBandとMode登録
 [Tools]⇒[Setup Band&Mode]を開いて、[Insert row]をクリックして、各BandにModeを追加する。
 [Stats]をYにすると反映される。[Lower Freq]は上から周波数が高い順にする。[Apply]で終了。
 


2.微弱モードをWorked/Confermed等に反映させる
 [Tools]⇒[Database Maintenance]⇒[Setup phone/digital modes]を開いて、
  必要な項目にチェックを入れ[Apply]のクリックで終了。この項はJA1NLXさんに聞きました。


  
3.Worked/Confermed画面の表示変更
   Worked/Confermed画面のマス目部分で右クリック。 [Show Consolidated DIGital modes]に
  チェックを入れるとFT8,JT-9等のDigital-Modeが個別表示から[DIG]の一項目にまとめることもできる。

4.データベースの更新
  [Tools]⇒[Database Maintenance]⇒[Recalculate Statistics]をクリックしてデータベースを更新する。
  何らかのデータベースに影響が出る変更をした場合は実行しておいた方が無難です。

5.JTDXからLogger32にLogを自動転送する
  JTDXの設定でTCPクライアントの設定、Logger32でTCPサーバーの設定をして同時に起動しておけば
  QSOの都度、自動的にLogger32にもLogが転送できます。 説明はこちら