外国の免許で国内アマチュア局の運用

国外の免許で国内でアマチュア局を運用をする            2016.5.13

USA FCC Extra の免許を取得したのですが、国内で適用する場合に法令上の根拠が不明。
Net検索してもHitしないので、中国総通に電話で確認しました。結果は以下です。

1.適用する法令根拠
  平成05年06月16日 郵政省告示第326号
  この告示が現行です。意外と古い!!
  http://www.tele.soumu.go.jp/horei/reiki_honbun/a720350101.html
  告示には、アメリカ合衆国Amateur extraは、第一級アマチュア無線技士と書かれています。
  従って、USA FCCの Amateur Extra の免許を取得すれば、国内では1アマとして通用する。

2.国内での適用
  私が開設しているアマチュア局は、松江市郊外の固定局と広島市が常置場所の移動局です。
  電波法では、無線局の操作をするときは免許証の携帯を義務付けていますが携行は面倒。
  紛失したら再交付手続きも面倒ですよね。  中国総通に電話で確認した結果は、
  私(Q):日本の無線従事者免許証番号で免許されたアマチュア局の運用をするときに
     FCC-Extraの免許を所持していれば、日本の当該免許証の携行は不要ですか?
  中国総通(A):FCC-Extraの免許だけの所持で問題ない。

  という事で、FCC-Extraの免許(携帯用の小さい方)を常時、車に積んでおく、固定局には、
  印刷、サインをして常置しておけば良い。(FCCのSiteからDownloadした免許のPDFを印刷)

3.FCC-Extraの免許で国内で1KWのアマチュア局の開設
  既に私の友人が、国内免許は2アマですがFCC-Extraで1KWの免許を受けています。
  日本の1アマとFCC-Extraのどちらを取るのが簡単か??
    私は、FCC-Extraの方が優しいような気がしますが、人により様々??
    もっとも、私が1アマを取ったのは、和文Morseがあった40年以上前なので現状は不明。