YaesuトランシーバーのBCDーBand情報 デコーダー

    Yaesuトランシーバー用BCDバンドデーターのデコーダー
                                                    最終2015.01.29
 Yaesuトランシーバー用のBCDーBandデーターのDecimalデコーダー基板を作りました。
基板Sizeは5cm×5cmで、全てがディスクリート部品の構成でCPUは使っていません。
ユニバーサル基板で、作っている方がいて、・作るのがたいへん・信頼性も良くないだろうと思い
基板を設計して作ってみました。
 意図した用途は、アンテナの自動切換えですがリニアアンプのプリセットチューニングのバンド切替など
他用途にも応用できそうです。内容は、単なる4Bit-BCDを0~9番の出力にするデコーダーです。
他の基板を発注時についでに、基板設計をして発注しました。完成基板限定10枚頒布します。

1.仕様
 (1) 機能
    YAESUのトランシーバーから出力される4BITのBCDバンドデーターを1.9~28MHz(9個)の
    接点出力に変換して、フォトモスリレー(フォトカップラー)で接点出力する。
 (2) 接点出力
    1.9、3.5、7、10、14、18、21、24、28MHz帯の9個。50MHzは出力なし。
    (50MHz出力も作ろうと設計時にDecoder-ICを探しましたが見つかりませんでした)
 (3) 動作電源と消費電流
    YAESUトランシーバーのBCD-バンド情報出力ACCコネクタの13Vを使う。
    電流は、4028の動作電流+フォトモスON駆動電流+電源表示LED=10mA以内でしょう
 (4) 入出力
    入力:YAESUトランシーバーのACCに接続して、4Bit-BCDバンド情報と13V電源
        VL-1000等を接続している場合は、途中に接続ボックスを設けて分岐することになります。
    出力:9個のフォトモスリレー出力
        (注:フォトモスリレーの代わりにフォトカップラーでも動作可能)
 (5) 完成基板
    Size:5cm×5cm  入力:線を直接・半田付け  出力:16Pinピンヘッダー
    出力のオプトカップラー:8PinDIPソケット5個
 (6) オプトカップラー
    東芝:TLP222A(フォトモスリレー) または TLP627(フォトカップラー)。
    TLP222Aを推奨します。電流の方向性がない、ON抵抗も非常に小さいです。
 (7) 出力のスイッチング可能な電圧と電流容量
    オプトカップラーの仕様を自分でも参照してください。tlp222で検索すれば上位でHITします。 
 (8) 送信時に電波の回り込み等が発生した場合は、自己対処です

2.完成基板の頒布
  写真の基板で、オプトカップラーなしで頒布します。オプトカプラーは秋月等で必要数を購入してください。
   参考URL http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-07672/
          http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-07330/
  需要が不明なので在庫を持ちたくないです。
  手持ち基板は10枚です。 限定10枚です。
  (1) 頒布額
    ¥3000 (定形外〒の送料と16Pinヘッダーメス(リボンケーブル付き)を含む)
  (2) 基板の写真
    bcd1
     写真をクリックすれば拡大します。  左側が入力Pin、下側のPin-Headerが出力です。
  (3) 組立参考資料
     基板回路図  パターン図

3.頒布申込み
  次をEmailに貼り付けて必要事項を記入して、お送りください。速やかに返信します。
 (1) Subject
   BCDデコーダーの頒布申込
 (2) 本文
  お名前:   郵便番号:   住所:    コールサイン:    電話番号:
   トランシーバーの機種名:  
  必要枚数:

4.Emailでの連絡、申し込みは次のリンクから
     ホームページからの連絡・申込   ←クリックして!  
  クリックしてもメーラーが起動しない場合はアットマークを変更して次のアドレスに送ってください。
     ja4buaアットマークict-kuwa.net