アンテナ自動切替インターフェースANT-57 Rev.4

アンテナ自動切替インターフェースANT-57 Rev.4の頒布開始              最終2017.06.14

[2017.6.14]頒布を再開します。 [2017.3.31]Sold out ありがとうございます。
[[2014.09.23]  周波数範囲と出力番号の定義、表示アンテナ名、ボーレートをユーザーがコマンドで変更
         できる(コマンドモード)ように、バージョンアップをしました。
         既userには、Emailで連絡いただければ無償でCPUの交換に応じます。
 
要望があるので、Rev.4を作成しました。
1.過去のVirsionとのハードウエアの違いとプログラム
 (1) RS-232C~TTLの変換ICを内蔵
   Kenwood、Yaesuのトランシーバーをお使いの方に対応するため、基板上に変換ICを追加しました。
 (2) 出力をオプトカップラーに変更
   出力をダーリントン・トランジスタ(TOSHIBAのTD62083APG)からオプトカップラーに変更しました。
   Ver.1:小型電磁リレー、Ver.2:フォトカップラまたはフォトモスリレー、Ver3:ダーリントン・トランジスタ でした。
 (3) 動作表示にI2C接続の液晶パネルを採用
    今回、動作表示にI2C接続の液晶パネルを採用しました。これに伴い、ブザーの鳴動は止めました。
    液晶パネルが不要の場合は除いても動作上の問題はありません。(機器内部に取り付ける場合等)
 (4) プログラムVer4.3で、動作条件をEEPROMに持たせてUSERが自由に変更できるようにしました。
    詳しくは、新しい取説を見てください。Programでメーカーと機種判定を行ったことで、ICOM、Yaesu、
    Kenwood、Elecraftに共通に使えるようになりました。

2.仕様
 (1) 対応するトランシーバー
    お使いのトランシーバーが対応しているか不明の場合は末尾のリンクからEmailで問い合わせてください。
   ICOM:CI-V対応機
   KenwoodおよびYaesu:RS232C接続で、AI1;、AI2;、FA;、IF;のコマンド対応機種
   ElecraftのK2,K3,KX3はKenwoodと同等のため、対応しているはずですが実機確認が未了です。
  (2) 制御出力
   12個の出力。ただし出力12は、起動時に数回、瞬間ONになります(実害はあまりないとは思いますが)。
 (3) 制御出力のドライブ能力
   フォトカップラー(TLP627-2)またはフォトモスリレー(TLP222A-2)の指定をしていただきます。
   ①TLP627-2  耐圧:300V、出力電流:150mA これは、絶対最大規格です。ACリレーには使えない。
   ②TLP222A-2  耐圧:60V、出力電流:500mA これは、絶対最大規格です。AC、DCリレーともにOK
   アンテナリレーがDCリレーの場合は、必ず逆起電力吸収用のダイオードを付けてください。
 (4) 基板サイズ  10cm×8cm
 (5) 起動時間    電源ONから3秒程度。

3.機能動作
 (1) ICOM、kenwood、Yaesuのトランシーバーから取得した周波数情報を解析して、指定した周波数
   範囲に対応する出力をONにします。 接続は、
   ICOM:装置裏のCI-V(3.5mmΦ Mono jack)に接続する。トランシーブONに設定することが必須です。
        (注)CT17は、設計に誤りがあるので改造しないと使えません
     Kenwood、Yaesu:装置裏のDSUB9オスに接続する。
 (2) 接続されたトランシーバーの個別機種対応
    ICOMは、ショートピンの設定で、Kenwood(Elecraft)とYaesuは機器IDによりProgramで自動判定する。 
 (3) USBでPCに接続してLoggingソフト等を使う場合
    Kenwood、Yaesuの場合は、周波数等の情報取得に[IF;]または[AI*;]コマンドを使っているLogging
    ソフト等(Logger32、Hamlog、SteppIR等)と共存可能です。プログラムでコリジョン防止の対応を
    行っています。 ICOMの場合、コリジョン防止対策はPCアプリに依存します。

 4.頒布物品
   (1) CPU基板
   Programを書き込んでお渡しします。プログラムは、ICOM、KenwoodおよびYaesuのいずれも共通。
 (2) コネクタおよび配線材料
   次の写真(I2C液晶基板+接続ケーブル、USB-ABケーブル、出力の接続リボンケーブル)
kit
 (3) オプトカップラーの指定
   フォトモスリレー(TLP222A-2)だけで、フォトカップラー(TLP627-2)は止めました。
5.配線組立資料
  次のリンクに置いています。
  説・接続説明書  接続図  基板回路図

6.コマンドモードで使用する簡易ターミナルソフト
  JA5BGAさんにターミナルソフトを作っていただきました。次のリンクからダウンロード、解凍して使ってください。
  Installは必要ありません。置くDirectoryはどこでも良いです。BGA_TERM.EXEを実行します。
  BGA_Termのダウンロードはこちらから
  もちろん、RS232CTOOL.EXE等の汎用ターミナルソフトでも問題なく使えます。
      RS232Cテストツールは、VectorからDown Loadできます。

7.頒布申込
  頒布額は、 8,500円+送料(¥500)です。発送は、特に指定がなければ、レターパック510を使います。
  オプトカップラーがフォトカップラー(TLP627-2)指定の場合は¥500減額です。
  次をEmailに貼り付けて必要事項を記入して、送付ください。速やかに返信します。
 (1) Subject
   HP・アンテナ切替インタフェースRev4の頒布申込
 (2) 本文
  お名前:   郵便番号:   住所:    コールサイン:    電話番号:    
   接続するトランシーバーメーカー:ICOM YAESU Kenwood Elecraft の別  機種名:
  液晶表示の色:青バックライトで白文字  黄緑バックライトで黒文字 の別   表示はこんな感じ

8.Emailでの連絡、申し込みは次のリンクから
     ホームページからの連絡・申込   ←クリックして!!
  メーラーが開かない場合は次のアドレス(アットマークを半角小文字に変更してください)
    ja4buaアットマークict-kuwa.net