3B7A 最新情報

3B7AチームよりJAへお礼のメール                  2018年4月24日 

さきほど3B7AのリーダーであるF5UFX SebよりJAの皆様方へお礼のメールが来ておりますので、下記の様に翻訳いたしました。皆様方の3B7Aへのご支援心より感謝申し上げます。

青木
JJ3PRT

Joeさん、

3B7A計画に於いてJAサポートチームから計り知れないほどのご支援をいただき心より感謝申し上げます。皆様方のご努力は我々にとって非常に重要でありこのDXペディションを成功させるために大いに貢献してくれました。当初より皆様方を支援していただいたJA各局に対して我々の感謝の意をお伝えください。更に言えば、日本のDX界の皆様全員に対し感謝申し上げます。

今回のDXペディションに対しJA各局は満足していただいたと願っております。どのバンドでもJAに対しては長時間のオープン時間を確保し3B7AとQSOできるチャンスを作れる様最大限努力しました。日本へのコンディションは非常によく信号はどのバンドでも素晴らしかったです。

160mは最も難しかったです。受信用アンテナを設置したにも拘わらず、ノイズが非常に多かったです。来る日も来る日もよりよい条件になる様時間帯をずらしたりしましたが、今回の様な小さなグループには簡単なことではありませんでした。

3B7Aの全メンバーはJAとのパイルアップを楽しみました。JAの交信マナーがトロメリンやジュアンデュノヴァの時と比べ格段によくなっていると感じました。例えば、コールサインを何回も繰り返すことはありませんでした。また交信にかかる時間も短くスムーズでした。これは素晴らしい進歩だと思います。

今回のDXペディションに関しましてはまとめを書く予定ですしビデオも作成します。JAのDX界からのご支援に対し再度最大限の感謝を申し上げます。

Seb
F5UFX

Bonjour Joe,

Je tiens à te remercier tout personnellement pour ton aide inestimable dans le projet 3b7a.
Ton travail fut extrêmement important pour nous et a contribué grandement au succès de cette
expédition. Merci de bien vouloir partager nos remerciements avec les copains JA qui t’ont aidé
depuis le début, et plus globalement vers toute la communauté DX du Japon.

J’espère que globalement les JA sont heureux et satisfaits de notre expédition. Nous avons
fait notre maximum pour vous donner de longues ouvertures sur toutes les bandes et donner
une chance à tous de nous contacter. La propagation vers le Japon fut très bonne et les signaux
excellents sur toutes les bandes.

Le 160m fut le plus difficile, nous avions beaucoup de bruit malgré les antennes de réception.
Nous avons essayé jours après jours de venir à différentes heures pour trouver les meilleurs
conditions, cela ne fut pas toujours facile pour une petite équipe.

Toute l’équipe a beaucoup aimé travailler les pileups « JA ». Nous avons trouvé que les méthodes
de trafics se sont beaucoup amélioré par rapport à Tromelin ou Juan de Nova. Par exemple les
indicatifs ne sont plus répétés plusieurs fois, le trafic est beaucoup plus rapide et fluide, bravo
pour cette progression.

Nous écrirons bientôt une compte rendu complet et nous proposerons une vidéo.

A nouveau un immense merci pour le soutien de la communauté DX JA !

 73’s QRO,

Seb, f5ufx

———————————————————————–

3B7A QRT                       2018年4月18日 JST朝
03時JST頃、30m-RTTYを最後にQRT。
High-Bandは予想以上にコンデションに恵まれ、JA向けに積極的なサービスで、JAにとっては最高のDX-Peditionになったと思われます。OP8名で、全QSO数は7万を超え大成功に終わりました。
皆さんのDonationに一同感謝します。

なお、帰国後の整理・後片付け等で多忙の極みになることからDonor-Listの更新は時間がかかる場合があるので了知願います。
  第1陣の離島

 3B7A JAサポートチーム
———————————————————-
3B7A QRT情報(その2)
             2018年4月16日 12時JST

3B7Aの8名のメンバー中6名が現地の月曜日夜明け(JAの月曜日昼頃)に島を離れます.しかし、F4FET GilとF4HAU Diegoは現地の水曜日朝(JAの水曜日昼頃)まで島に留まります.2局の設備と40m~10mのアンテナは残してありますから、散発的にオン・エアが続くでしょう.160mと80mのアンテナは既に撤去されています.

なお、ログは今後木曜日まで更新されないでしょう.
訂正作業の後、OQRSでのQSL要請を開始します。

3B7Aチーム

—————————————————————————–

3B7A ローバンドアンテナ撤去               2018年4月15日 16時JST

3B7AとさきほどQSOしました。80mと160mのアンテナはたった今降ろしたとのことです。ですから今晩と明日の朝の80mと160mの運用はもうありません。今回沢山ドネーションをしていただいたJAの皆さんと多くのQSOができチームメンバー全員が満足しているとも言っていました。皆様方のご協力に心より感謝申し上げます。

青木
JJ3PRT

—————————————————————————————-

3B7A QRT情報                        2018年4月14日夜

今6万QSOのラインを越したところです。今回は目標QSO数を設定しませんでしたが、運用の質は設定しました。この結果に非常に喜んでおります。たった8名のメンバーで9日間の運用でしたが、我々が怠け者ではないことを証明してくれました。今回の運用は、我々が運用以外に発電機の維持管理、キャンプ全体の管理、食料やアンテナの調整等の管理も行っていたということを忘れてはいけません。

我々は今も電波を出し続けており、ユニーク局数は徐々に増加しております。我々のこの集中は20mのSSBでの運用を継続することにより、QRTするまで続く予定です。パイロットからの情報を基に特に南米へのオープンを試しているところです。これは時にうまく行っています。これは皆様方がパイロットへ供給する情報が如何に大切であるかを物語っております。

明日の日中(4月15日)にアンテナのいくつかを降ろし始めますが、ずっと運用している局のアンテナのみ若干残す予定です。今晩が80mと160mの最終日になります。(4月15日の朝)

我々を信頼して最後まであきらめないでください。我々は最後の最後まで力を緩めることはありません。

3B7Aチーム

—————————————————————————–

3B7A QRT情報                       2018年4月14日朝

今回のDXペディションは最終章になります。第一陣の6名はモーリシャスに向けセントブランドンを月曜日の朝出発します。今週末がこのDXペディションのヤマ場になります。F4FET GuillaumeとF4HAU Diegoがこの島に更に1日残り、全ての機材と共に火曜日に島を離れます。日曜日から徐々に設備を解体し、3B7Aが完全にQRTするのは月曜の夜から火曜日の朝にかけてです。(日本時間火曜日)

一方、我々のやる気は最高潮を維持しており、皆様方とQSOできる様チーム全員万全を期しております。ニューワンを差し上げるために、20mの様な最適なバンドに集中することで、QSOの可能性を最大にしたいと思います。

ANTOの皆様方という呼びかけは特にしませんが、既に各バンドで達成できている多くのQSOが、我々の設備のレベルを下げてもQSOできるということを意味しております。伝播情報やパイロットにご連絡いただいた情報を基に地域の的を絞ることを継続いたします。

3B7Aチーム

—————————————————————————–

3B7A最新情報
                         2018年4月14日JST朝
毎日、JA向けに大サービス中です。特に12m、15m、17mは、JSTの午後にOpenし夕方から夜9時ごろまでが強力です。 非常に多くのJAがATNO解消できていると思います。50WでもQSOできています。ATNOの方は週末に頑張ってください。

 3B7A JAサポートチーム
———————————————————-
                                2018年4月12日夜

昨日は強風を伴った強烈な雨により凄まじい寄生ノイズが発生し、160mの運用はできませんでした。しかしながら、30m,40m,時には80mは非常によく、特にアメリカ方面がよかったです。北米はQSOするのに最も困難な地域ですので、この地域へ注力するという目標を継続します。この地域へのオープン時間はEUやJAと比較するとどちらかと言えば短いですので、我々がNA指定をしますとEUから不満の声を聞くことがあります。しかし、EUへのオープンは頻繁にありまた信号もかなり強くオープン時間も長いということをご理解いただきたいと思います。現在NAとのQSO比率は16%しかなく、JAとは25%, EUとは57%もあります。

日々は繰り返しますが、同じ様な日はありません。ハイバンドは10mまでEUとアジアに長時間オープンしましたので、昨日よりずっとよかったです。浜辺にかなり近いところにあるアンテナが激しい潮により被害を受けましたので、メンテナンスをする必要がありました。今までとは違うローバンド用受信システムを再調整しました。

今晩と明日はバンドがクローズするまで17mと20mへの注力を継続する予定です。その後30mと40mで運用します。JAにQSOの機会を与えるため、我々の日の入り(日本時間夜12時前)に80mと160mを運用する予定です。

目標に集中しユニークコールサイン数を日々のベースで増やし最もQSOが困難な地域へQSOの機会を与えるという戦略を維持していきます。同時にできるだけローバンドのQRVを行いたいと思います。

チームメンバーは、睡眠不足、運用シフト、アンテナ等のメンテナンスにより疲労困憊ですが、以前よりも増して非常に張り切っております。

F8DQL
3B7A チーム

————————————————————————-

3B7A撤収予定(日本時間4月15日)                 2018年4月11日夜 

ハイバンドでの伝播は時には気まぐれになる様で、今日は特に10mと12mでは信号はかなり弱く、大オープンとはなりませんでした。今晩は30m以下のバンドに行く前にNAとのコンディションが終わるまで17mと20mの運用を継続する予定です。昨晩は160mのコンディションがよく、特にJAの日の出近辺で多くのJAとQSOできました。今晩も同様の計画を実行します。

今日セントブランドン島に駐在しているモーリシャス沿岸警備員と会いました。セントブランドン島の南の島は大きくありませんが、まだこの島の反対側を探索する時間がありません。沿岸警備員とは仕事や趣味に対する情熱とトロメリンとジュアンデュノヴァの経験を分かち合いました。これらの島でのDXペディションでは、動植物の観点から同じ様な条件が多く見られます。

現在DXペディションは約半分が終了したところです。我々の努力は報いられており、結果は我々の目標通りになっています。当初からそうでしたが、我々はセントブランドン島と最低でも1QSOが達成できる可能性を全ての人に差し上げられる様頑張ります。

我々の最終計画は2-3日以内に明確になりますが、4月15日(日)の昼間にアンテナの一部を降ろすことはほぼ確実だと思います。6名のメンバーはモーリシャス島に向けて4月16日(月)に出港する予定です。残りの2名はセントブランド島に更に1日残り、最後の片付けを行います。

F8DQL
3B7A チーム

———————————————————————————–

160m情報                               2018年4月11日 9時JST   

今朝の160mの3B7Aは日本時間4時前よりCQ JAを出し始めました。3B7Aの信号は549-569でQSBがありましたが、よく聞こえていました。しかし昨日同様3B7Aの受信が悪く、QSOレートは非常に悪かったです。それでも今朝は10局以上のJAがQSOできたと思います。

現地チームには受信改善の要望をお願いしておりますが、まだ返事はありません。

青木
JJ3PRT

———————————————————————————-

Club LogがExpedition Modeに                        2018年4月11日 7時30分JST
 
3B7AのLog SearchがExpedition Modeになりました.
       https://clublog.org/charts/?c=3B7A

Propagation from 」の後の「JAPAN」をクリックすると、時間軸で各バンド毎のQSO実績が確認できますの  で、狙う際の参考としてください.

 なお、4月10日 14:41UTCまでのJAのQSO数は5,823で、全体の18.8%を占めています.
 FT4JAが最終的に12.0%でしたから、今回いかにJAに向けて頑張ってくれているかが分かります.
 厳しいとの予想だった12m・10mが好調なのもひとつの要因でしょう.
 12mは14時すぎ~20時台、10mは15時~20時が狙い目です.

  奥村  
 JK1KSB

 ——————————————————————
今朝の160m                      2018年4月10日7時JST
 
・日本時間今朝1時前より1826に出て来ましたが、信号は弱くJAとは数局しかQSOに至っておりません。すぐに 
 QRTしてしまいました。
・4時前に再度出て来ましたが信号はそこそこ聞こえているのに3B7Aの受信が非常に悪く、QSOできたJAはほんの
 数局のみでした。
・3B7Aはよく聞こえているのに日本の日の出前にUPになってしまいましたので、QSOの可能性はなくなりました。
・3B7AはビバレッジをJA方向とEU方向に張っていますが、このビバレッジの切換を間違えている恐れがありますの
 で、現地チームにはビバレッジの切換スイッチのチェックとJA指定は日本時間6時半まで行って欲しいと伝えてお
 きました。

 青木
    JJ3PRT

—————————————————————– 
 7日から 昨日までのHigh-Band                                                  2018年4月10日 6時JST
 
12mと10mが予想以上の信号で入感しています.
 今のところ17m以上は全てショートパスです.
 (東京で聞いた様子ですので、地域によって若干のズレはあるかと思います)
<20m>
 20:30JST以降のショートパスはS6位だがあまり長続きせず、その後も弱く聞こえるもののQSOは難しい.
 9日14:40JST 以降のCWはロングパスでS6.暫くしていなくなったようだが、今後継続して聞いてくれることを期 待したい.
 全体としてはJAに開ける時間が短く、案外ハイバンドの中ではチャンスが少ないかも知れない.
<17m>
 ハイバンドの中では最も安定して強く入感しているので、ATNOで狙うならこのバンドが最適.
 12JST前(9日は13:30JST前から)からS9で入感し、長時間安定している.9日は21JSTでもS3程度で入感した.
<15m>
 13JST過ぎから入感し始め、15 – 16JST頃がピークでS7程度.QSBがあり、谷では厳しい時もある.
<12m>
 7日・9日とも14JST過ぎからSSBがS6程度でQSB伴いながら入感.16JST頃がピークで安定してS8.ただし9日は
 RTTYが19:30JSTごろ599++で、20:42JSTにQRXとなるまで聞こえていた.(最終的にはQSBありのS4)
<10m>
 9日に初めて入感したが非常に良い信号だった.16JST過ぎのSSBは最初QSB深くピークでS4程度で次第に安定した が、16JSTには若干弱くなった.その後18JST過ぎにCWがS8で入感.QSBあるが、谷でも問題なくコピーできた. その後信号の上がり下がりを繰り返しつつも19:30JST頃にはS9+20dBとなり、20:30JSTころには弱くなった.地 域性もあるようなので、あきらめず聞いて信号が浮かぶのを狙うのが吉.(12mも)
 
  奥村
 JK1KSB

——————————————————————————-

                                                                                                         2018年4月9日 16時JST
積極的にJA指定とJAをピックアップしています。High-Bandは現地の朝食後からの運用が多いようです。
High-Bandのコンデションは、17mが強く、次に15m。 今日は10m-SSBも聞こえています。

 
 
                                                                                                2018年4月9日 7時JST
今40mで3B7Aと情報交換をしました。内容は下記の通りです。
160m
・日本時間昨日の午後160m用ビバレッジアンテナをJA向けに張ったので受信感度は改善されるはず。
・今朝JAで3B7Aの信号が聞えなかった件は了解。今日の日本時間23時半からCQ JAを1826で出す。RXは1823.
・日本時間の昨晩(4月8日夜)は160mで電波を出さなかった。
80m, 40m
・今朝は両バンド共JA指定にしているので、多くのJAとQSOできている。今後もJA指定を続ける。
青木
JJ3PRT

———————————————————————————–

3B7A最新情報 160m                                                                    2018年4月8日 14時JST

今15mで3B7AとQSOし、160mの運用に関し話をしました。要点は下記の通りです。
1.今日160m用ビバレッジアンテナを張る予定なので、受信能力がアップする。
2.日本時間早朝(5時前後)には間違いなくCQ JAを出すので多くのJAとQSOしたい。
3.可能であれば日本時間夜12時前から160mの運用を開始する。
青木
JJ3PRT

———————————————————————————-

3B7A最新運用情報                  2018年4月8日 9時JST

3B7Aの運用状況は下記の通りです。

160m         今朝日本時間4時半頃からCQ JAを出してくれましたが、信号は弱くQSOできたJAは数局のみでした。  
     日本時間23時半頃から運用する可能性がありますので、よくワッチされてください。
80m           日本時間4時前からCWで運用を開始しました。信号は非常に強く多くのJAがQSOできました。
40m            日本時間4時頃からCWで強力な信号を送り込んできました。昨日現地チームに、早朝はJAをピックアップ 
     して欲しいとお願いしましたが、この要望を受け入れてくれ今朝はビームをJAに向けてくれましたので、 
     多くのJAがQSOできました。
30m            昨夜11時半頃から運用を開始しました。信号は強く朝までに多くのJAがQSOできました。
3B7Aの信号はどのバンドでも非常に強く、二日目にも拘わらず多くのJAがQSOできております。

青木
JJ3PRT

———————————————————————————-

3B7A運用情報                   2018年4月7日 16時JST

3B7Aの信号は午後から17m, 15m, 12mで非常に強く入っており、多くのJAがQSOできています。

青木
JJ3PRT

———————————————————————————-

3B7A 80m, 160m運用情報              2018年4月7日 12時JST

今3B7Aと17mでQSOした際にいろいろ情報交換をしました。現地時間の今日80mと160mのアンテナを上げるとのことですので、日本時間4月7日(土)の深夜から80mと160mの運用が開始されます。今の17mの信号は59と非常に強いです。

青木
JJ3PRT

———————————————————————————–

3B7A運用開始                     2018年4月7日 9時JST

3B7Aは日本時間4月7日(土)早朝に運用を開始しました。6時過ぎに40mで聞いた信号は強かったですが、EUとNAばかりピックアップし、QSOできたJAは少なかった様です。80m,30m,20mの信号は確認できませんでした。

現地チームには日本時間6時前後に40mでJAをピックアップする様既にお願いしましたが、EUとNAのパイルアップが収まるまでJAに順番はなかなか回って来ないかも知れません。17日までの長期運用ですからQSOのチャンスは十分あります。

現地チームより回答があり次第このHPに情報を掲載いたします。

青木                                                JJ3PRT

———————————————————————————–

F5CWUとF5PTMはセントブランドン島に到着      2018年4月5日 15時JST

F5CWU FloとF5PTM Pascalはセントブランドン島にたった今到着したところです。全ての設備一式は陸揚げされ島で安全に保管されています。残りのチームメンバーは2-3時間以内にモーリシャス島を出発します。3B7Aの信号は現地時間6日の深夜(日本時間7日(土)の早朝)まで出ることはありませんのでご理解ください。

73
3B7Aチーム

———————————————————————————

日本時間4月7日(土)早朝から運用開始            2018年4月4日

飛行機関連の問題があったため、全チームメンバーがモーリシャスに到着したのは昨日でした。すぐにタクシーを飛ばし我々が乗船する船が待機している港に向かいました。

数週間前に送付していたリグやアンテナを見つけ一安心です。船に積み込まれる前に、送付したものが全てあるかどうか一つずつ再度チェックしました。夜までにこの作業を終え、船は現地時間夜8時頃出港しました。

F5CWU FloとF5PTM Pascalは5日の朝セントブランドン島に到着する予定です。他のチームメンバーは明日の朝の第二陣としての乗船を前に、残りのリグ等を回収する作業にモーリシャスで多忙を極めています。

全メンバーはやる気満々です。6日深夜(日本時間7日(土)早朝)から開始するパイルアップを待ちきれません。

衛星追跡システムが作動しておりますので、下記URLでチェック願います。

  http://www.saintbrandondx.com/en/track-us-in-real-time/

F2DX  Seb

https://www.youtube.com/watch?v=E_Eic7RVfGU

———————————————————————————-

3B7A最新情報                        2018年3月28日

3B7AのDX-Peditionも1週間後の迫ってきました。この最悪のコンデションの中ですが皆さんの準備はいかがですか?電波伝搬の予想では、High-Bandは良さそうですが昨今のコンデションを見ているとどうなんでしょう?